読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうも、サカモトです

見たものとか読んだものとか思ったこととか

SMAP解散におもう (生きたまま死ぬということ)

わたしの好きな作家、米澤穂信先生の作品の1つ「氷菓」にこんな一節があります。

「… もしわたしが弱かったら、悲鳴も上げられなくなる日がくるって。

そうなったらわたしは生きたまま……」

 

 

みなさんはSMAP×SMAP最終回見ましたか?私はところどころ見てました。

5時間を超える番組であったのにも関わらず、SMAP5人の、この最終回のために撮り下ろされた部分は「世界に一つだけの花」の歌唱シーンと、その後5人が深々と頭を下げるシーン、そして番組スタッフの方々との写真撮影会?のシーン、のみ。

私はSMAPの熱狂的なファンではありませんが、物心ついたときにはすでに国民的スーパースターで、自身のiPhoneの中にも何枚かアルバムが入ってます。その存在が芸能界からいなくなるなんて想像だにしてなかった。ショックです。5人で歌う姿がまた見たかった。また若干ギクシャクしながらも5人で旅をする姿を見たかった。

 

28年間、SMAPSMAPというアイドルであり続けた。

 

ツイッターでこんなことを言っている人を何人か見かけました。

SMAPの追悼番組みたいだ。」

私もその通りだと思いました。冒頭の西山喜久恵アナウンサーの御通夜みたな雰囲気からして。最後に歌は歌ったけど、彼らの話すシーンはなかった。思いを伝えてくれることもなかった。彼らは生きているはずなのに、「死人に口無しとはこのことか。」とおもった。

 

一度もライブにもイベントにも通っていない私のような人間でさえ、あれやこれや思うことがあるのに、ガチなファンは納得いってないんだろうな。いや正直私も納得いってません。週刊誌含めマスコミから伝え聞くところによると、ジャニーズ事務所内の勢力争い、いわゆる大人の事情の結果による解散だという。(SMAP内の不和も一因であるらしいですが。)

 

私たちに真偽はわからないでしょう。ただこんな終わり方で本当に残念です。

長い間、諸行無常の芸能界でトップランナーであり続けた彼らに敬礼。

 

「さよなら。」と言えば君の傷も少しは癒えるだろう?

「あいたいよ…。」と泣いた声が今も胸に響いている

 

 そして

何より二人がここで共に過ごしたこの日々を

となりに居てくれたことを僕は忘れはしないだろう

 

SMAPの曲のなかで一番好きな「オレンジ」という曲の一節です。

「さよなら。」と言ってほしかったとは言わないけど、なにか彼らの声が聞きたかった。

思いを伝えられないのは、悲鳴をあげられないのは、生きたまま死んでいるのと同じだから。

 

 

 

 

 

text by サカモトユウタ